W断熱・自然素材のオーパスで家を建てる!

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
床下断熱
2007/10/25(Thu)
昨日、懐中電灯を持って現場に行ってきました。(怪しいですよねぇ)

中を覗くと床材が貼られていましたので、1Fの断熱材は入ったようです。

断熱材は基本的にセルロースファイバーを使用していますが、床下のみ発泡系断熱材を
使用しています。
これは施工の都合で選ばれているようで(セルロースファイバーの床下への吹き込み
は大変らしい)、こだわるのなら希望で床下もセルロースファイバーに変更は出来るよ
うです。

発泡系断熱材名は「カネライトスーパーE(1種b)」。
厚さは40mm。
他社では外断熱の断熱材としても使用されているようです。

JIS(日本工業規格)では性能を“1種a,b~3種a,b”の区分けをしており、1→3に上がる
ほど熱伝導が低くなり、aよりbのほうが圧縮強度が大きいそうです。

この断熱材が1Fの床下に敷かれているのですが、普通、床下収納を兼ねる点検口の部分
には断熱材が入りません。
ですが、我が家はこの点検口がさや管ヘッダー工法との関係でリビングのPCコーナー下に
ある為、床下収納をやめて、断熱材を入れてもらいました。
PCコーナーに床下収納があっても使わないですし。

これで我が家には断熱材が入ってないところはありません!!

断熱材

スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<着々と。 | メイン | 1週間ぶりの我が家!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ururun702.blog51.fc2.com/tb.php/56-338fff94

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。