W断熱・自然素材のオーパスで家を建てる!

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コンセントの位置
2008/02/12(Tue)
注文住宅を建てた人は誰もが失敗したと感じるのがコンセントの位置ではないでしょうか?
我が家も例に漏れず、失敗したと思うコンセントが何カ所かあります。
考えて考え抜いた上で決めたはずですが・・・。
使わないのに付けてしまった箇所は別にもったいないだけで、何の支障もありませんが、
ここに欲しかったとかもうちょっとこっちに付ければよかったというのは困ります。

まず、洗面所。
洗濯機用のコンセントがなぜかこんな上に付けてしまいました。
洗濯機しか使わないのですから、もうちょっと見えない位置に付ければよかったです。
洗濯機コンセント


次にエアコン用のコンセント。
カーテンレールとの兼ね合いもあるのですが、もうちょっとエアコンぎりぎりの位置にすればよかったです。
ケーブルの余長がものすごくかっこ悪い・・・。
エアコンコンセント


あと、LAN用の配線ですが、標準では「配線」しかやってもらえません。
配線したLANケーブルの両端にコネクタは付いていませんので、自分でコネクタを
付けるか、どこかの電機屋さんでやってもらう必要があります。
こんな感じのメスのコネクタを付けるのが一般的だと思いますが、このメスコネクタが
結構高いんです。
メス型コネクタ

家電量販店だと、1個¥1500~¥2000程度しています。
オス型コネクタは逆に安いのですが、特殊工具がないと取り付けが出来ませんし、余長が短いので、PCまで届きません。
オス型コネクタを付けるのなら、このような中継コネクタが必要となります。
中継コネクタ

私はメス型コネクタを取り付けましたが、正直、標準仕様でOpusでやってもらえるとよかったです。
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<1ヶ月点検 | メイン | エコキュートのサイズ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ururun702.blog51.fc2.com/tb.php/98-6f9f2dec

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。